2005-06-09

ジュビロで俊哉、最後の日

世間とまったく空気が違う内容だけど、
もう練習に参加だねという事で、練習参加記事を見る前に記録。



てことで、この展開についてこれる方だけどーぞ ↓



6/11
追記あり



 


俊哉
・ここでみんなとやれたことを誇りに思うと伝えた
・簡単に『悩む』という言葉では言い表せない日々の繰り返しだった
・新しい挑戦に向かって決断した


・引退まで一緒にやるつもりだった。
・自分のあこがれの存在を失うことは痛い。

ゴン
・自分たちはシーズン途中で立ち止まるわけにはいかない



数日がたち。

一枚。

ジュビロの10番



これ着て写真撮ってないや。残念。



ありがとうを、たくさん言ってくれたけど、私も言い切れない。
あげればきりがない、感謝したい事、印象に残ったプレイ。いろいろ。

俊哉の笑顔ばかり浮かんでくる。
すぐ浮かぶ二つは、両方とも録画でしか見てないんだけど。

ゴンちゃんが1試合5ゴールした時に、ゴンちゃんと肩を組んで、サポに向かって“5!”って示した時と、
アジクラ優勝で、ゴンちゃんの真似してカメラに投げキスしてくれた時。

とーっても弾けて素直な笑顔だったよね。

なんだかとても落ち着いている。
実感が沸かないからかな。

どうやって応援しようっていう基本的な気持ちのコントロールは利かないから、自分のスタンスなんて、なるようになれと思っている。ジュビロも俊哉もこれからもずっと好きで応援してくんだっていう確固たる部分があるからかな。
名古屋の俊くんが、ジュビロを相手にしてても、もしかしたら、嘘っぽく感じられてフツーに見られる様な気もしてる。



切替えて現実を見てみると、本田がライバル意識を燃やしてるっぽいから、ぜーーーったい負けないでほしい。負けないけど。ていうか、俊くんはそんな若者のメラメラビームをやんわりと吸収して、きっときっと、カワイイ後輩になるまでは時間がかかりそうな人っぽいけど、本田が俊哉崇拝者になるハズだ。

だから私もメラメラしない。


・・・こんなろー(←してる;)

あー、あー、(←いろんな気持ちのごった煮)



頑張ってー。



6/11追記。名古屋での初練習参加後。(名古屋オフィシャルより)

Q:合流初日を終えてみてどうでしょうか?
A:まだ完全に合流したわけではありませんが、選手、スタッフに挨拶をしました。やっぱり緊張するものがありますが、少しずつ慣れていきたいなと思います。

Q:選手の顔ぶれを見て?
A:やっぱり若い選手が多いなと。試合で対戦したんで知っている顔もありましたが、プライベートでは知りませんし、まだ距離があるかなとは思います。

Q:コンディションの方は?
A:先に少し休みをとっているので、立ち上げの部分で時間がかかるかとは思いますが、出来るだけ急ピッチで仕上げていきたいと思います。

Q:今日はゲーム形式のチーム練習を見ていましたが、感想は?
A:1回を見て全てを理解出来るわけではありませんが、この雰囲気の中でどう言うプレーが出来るのかを理解し、あせらずゆっくり入っていきたいです。

Q:ジュビロ磐田と比べて感じた違いは?
A:新しいチームに来れば全てが違います。クラブハウスにしても練習環境にしても全く違いますし、比較をしないようにしています。ユトレヒトへ行ったときもそうでしたが、いまそこにある物を全てとしてやるようにしています。いろんな物を比較しだすと難しくなると思いますし、ここにある全てを自分のレベルアップのために役立てれば良いと思っています。
この記事へのコメント
どんな形でチームを去っても、今までいろんな感動とか喜びをくれた選手には、頑張ってほしいですもんね!


とあるジュビサポブログさんとこで読んだんですが、名古屋戦での俊哉さんに対して、
たとえ愛がこもっててもブーイングは嫌で、拍手で迎えたい、って書いてました。

すごくいいな!って思いましたよ(^^)
Posted by じもん at 2005-06-10 07:18
>じもんさん
私がこれからも応援したいってのはごく自然な気持ちです。
ブーイングについては皆さん色々な意見を言ってますが、
私は本人を生で見た時どう感じるかわかりませんねー。
Posted by おん at 2005-06-10 13:03
コメントどうぞ
NAME:

MAIL:

URL:

COMMENT:

トラックバックもどうぞ
http://blog.seesaa.jp/tb/4238120
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。