2005-10-18

鹿戦を終えて思う

内容レポとは別に感想


キロク。

ホーム200試合目で、入場者が300万人を突破。
エコパで毎回3万人は超えるくらい盛り上がったらいいなー。そしたら可動席が出て、前の方の人はピッチにちょっと近づけるしさー。
って言ってる私が今年エコパ4試合中1試合しか行ってないのはたまたまですよ。


カレンくんが、オヤスミ中で観客席を興味津々に観察してた遼一くんを抜いてチーム単独トップの得点になりましたが、ココでちょっと私のツボに入る表情をしてました。11点中どれだけがごっつぁんゴールか調べたいとこですが、決めれば良し。他の人のシュートで詰められなくてチャンスを逃した時に「カレンそこに居て欲しかったなー」ってのもあるからあの時あそこに居たのは良し。
大宮戦に続きフクヘッドがアシストでしたね。

 
---


どっちが勝ってもおかしくない様な試合はよくあると思うんだけど、それを勝ちきれないのが今のジュビロかなって感じもする。勝負強くないというか。福西さんがヴェルディ戦の後に「時間の使い方を知らない」ってコメントしてたけど、チームとしての試合を運ぶ為の貫禄がないかもね。
いつまで「今のジュビロ」っていうのかって感じもするけど、少しずつ変わってるトコや選手が見られるし、お気楽な言い方すると、強いジュビロを毎回見られるのを楽しみにして待ちたいと思います。そしてその過程を見ていくのももっと楽しいんじゃないかな。決して昨日の試合に満足してないけど。



勝てた勝てたと思ってるけど、負けてた部分も後から思い出した。遠かったけど後半もピンチはあった。ダメだと思ったシーンが何回かあった。
もいちど振り返る為にビデオ見てみようっと。
 
 
 

 
 
 
たまにはあーだこーだ采配とかに触れる


ゴンちゃんをあの時間に下げたのは、ポスト役が居なくなる事とかを踏まえて不可解だけど、カレンがドリブルでリズム作ってくれたし点を取ったなら結果オーライだ。とか
慎ちゃんのクロスが調子いい時にゴンちゃんに合わせてほしかったのにな。深いとこからのクロスが誰も触れなくてゴール前を横切ったってのが何度かあったから。とか

帰りながらいーーろいろ振り返ってみた。

ケースケとカワムの交代はよく分かんなくて、まあFW少ないからあんまり手がないなと思いつつも、二人とも中盤だからボランチに入って、最後フクをFWに上げてみるのかなーと思いつつ、ただ元気な人を入れたくらいにしか見えなかったけど、まあケースケもカワムもゴールは狙ってて。

ノリヒロが90分は無理って言ってるのに90分出たって事は本人が大丈夫って言ったのかな。最初飛ばしてたしグルグル動いてたしハーフタイムに腰を押さえてたのが無事ならいいんだけど。

後からよく考えてみたら、ハットはやっぱ最終ラインで競り合いとか裏へ走られるよりはボランチかなー。足元のボールとかグラウンダーのパスカットとかはよく見るからボランチがいいなーと思うんだけど、浩さんが今はボランチだし、だからこそチャー坊とジンギュが戻ってくる来週の布陣が気になるのだ。

何はさておき
ヒデトは凄い。あれがヒデトだ。素敵すぎる。って二人して豪語しながら帰りましたけど(←コレすげー楽しい)。
厳しい黄紙もらって文句を言おうと意気込んだものの残り時間が少なくてさっさとプレーに集中しようとしたのも素敵でした ( ´∀`)



エスパに勝ったら素直に嬉しいなー。
ヤマニシノはどうなの?っていうアレがあるんだけど勝つしかない。
この記事へのコメント
コメントどうぞ
NAME:

MAIL:

URL:

COMMENT:

トラックバックもどうぞ
http://blog.seesaa.jp/tb/8257646
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。