2005-11-07

俊哉が燃えてる

オールスターでゴンちゃんのプレーを楽しんで、表彰式でMIP発表の瞬間に自分の事のように喜んでいたのを見て以来、なかなかいい笑顔が見られません。
FOOTIVALで言ってたけど、最近いちばん笑ったのが“オールスターの中山さんを見て”だから、名古屋での試合じゃないのね…。てなくらい名古屋も勝ってないし大変そうなチーム状況。

負けて俊くんの評価も良くない試合はしんどくてほとんど見てないんだけど、そんな中で久々に勝った天皇杯のアローズ北陸戦をざっと見た感想。
 
 
 
 
 
 
清水戦の前清水戦の後、元気を装っても悲しい感じが見てとれる。ビックリマークも虚しく感じてしまう。

FW登録だけど、元々シャドーストライカー型だし俊哉自体には別に問題ないだろうなと予想。パスがくるかどうかが問題だと思ってた。
それよりも、名古屋の中盤がどこから組み立てるのか不明な感じで、クライトンがグルグル回ってボール受けてドリブルして前線に渡す感じ。
唯一の豊田くんのゴールは、真ん中あたりで誰かがボールを持った時に俊哉がゴール前を狙ってたんだけどその裏の右サイドのフリーの人にボールが渡って、それをヘッドで折り返して俊哉がダイビングヘッド・・・!がうまくいかなかったんだけどそのこぼれ球からのゴール。あれアシスト級の価値。
だから俊哉も下ガッツポース。

細かい事を言うと、名古屋の皆さんのラストパスが優しくないのよね。例えば俊哉の跳び込みに気づいてパスを出せても、ゴールしてくださいってな優しさが感じられないのよね。ただパスを柔らかくしろってんじゃなくてね。でもこのゴールシーンは良かったなぁ。

凄く印象的なのは、俊哉がすーーーーんごい走ってたこと。やれる事を全部やってチームを鼓舞してるみたいな気迫。最前線からの守備、もちろん全部にプレスをかけにはいけないけど、ホラ俺がここを抑えたから次はそこにプレスに行け、っていう意思が感じられた。俊哉の次のプレッシャーがなくてミドルを打たれたら怒ってた。分かってるかな他の選手。てゆーか今のチームの約束事がどーなのかわからないけど。
切替も非常に早くてボールに貪欲に絡んで追って、守備も激しい。よく、なんとなくうまくボールを奪える技を持ってる人だけど、この日はいつもより激しかった。
当たり前の事を当たり前以上にガツガツとやってたように見えた。

今までにない感じを俊哉くんから受けました。

今のチーム戦術は、攻撃では縦に早くってのを意識してるっぽい。でもそれだけだと俊哉は活かされないし、俊哉もそれをまずきちんとやって、それからパスを回してチャンスを作りたいって言ってるから、ホント我慢のしどころだし今ちゃんとやらなきゃ次に進むのが大変だよね。

天皇杯で、格下相手にようやく勝てただけ、ってのはよく分かってるはず。今までいい勝ちを次に繋げられてなかったから、この次が大事ってのも分かってるはず。
でも俊哉だけじゃサッカーできないから、みんな頑張って勝てるように祈るよ。
この記事へのコメント
コメントどうぞ
NAME:

MAIL:

URL:

COMMENT:

トラックバックもどうぞ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。